auoneひかり『特典が一番豊富な窓口』

auひかりのプロバイダを徹底比較!最強にお得なプロバイダとは

auひかりのプロバイダは何を選んだらいいのか多すぎて迷ってしまっている人は多いのではないでしょうか。

auひかりで使えるプロバイダはそもそも大量にありますが、光ファイバー自体はauひかりのものを使用しているので、基本的なプランや月額料金にあまり差はありません。

光回線は同じといっても、プロバイダ選びを間違えるとキャッシュバック金額が違っていたり、キャンペーンが違っていたりするので、プロバイダ選びは慎重に行いましょう。

当サイトでは、光回線のすべてを知り尽くした管理人の私が、auひかりのプロバイダ選びのコツと、一番得する最強のプロバイダを紹介しています。是非一度ご覧になってください。

めちゃくちゃお得なプロバイダを選ぶ秘訣とは

そもそもプロバイダというのは、エンドユーザーの個人宅とネット回線をつなぐ仲介業者のようなものです。光回線であるauひかりを使うには、プロバイダなくして成り立ちません。

auひかりで使えるプロバイダは次の会社があります。

GMOとくとくBB、ビッグローブ、ソネット、@nifty、DTI、ASAHIネット

プロバイダはキャッシュバックキャンペーンの金額が違っていたり、オプションのありなしが違っていたりいろいろな違いがあります。

得するプロバイダを選ぶためには、以下の3つのポイントが大切になってきます。

1,キャッシュバックでもらえる金額と実際に振り込まれる時期

2,実際のダウンロードスピード

3,オプションサービスが充実しているかどうか

上の3つの選び方のコツを解説していきたいと思います。

ポイント1 すぐ振り込んでもらえるかどうかをチェック

回線業者のプロバイダを選ぶときにとにかく大切なポイントとして、金額はもちろんですが、確実に受け取れるかどうかも重要な要素になっています。

プロバイダのキャッシュバック金額は大きく違いがあって、1万円、2万円違うなんていうことはざらにあります。

キャッシュバックが0円な代わりに月額料金が割引になったりするところもあれば、超高額な現金キャッシュバックをしているところもあります。

どこのプロバイダと契約したとしても、auひかりの光回線自体は同じプランで同じ速度で使えます。

上記のようなことから、高額であればあるほどいいというわけではなく、確実に振り込んでくれるかどうかを見極めることも大切になってきます。

ポイント2 光回線の速度と安定性をチェック!

本当の回線速度がどれくらいでているのかもチェックしましょう。auひかりの最大速度の理論値は1Gbpsですが、これはあくまでも理論値であって、実測値ではありません。

一ついっておくと、auひかり自体は光回線でめちゃくちゃ早いので、プロバイダが遅いところだったとしても、使えないくらいの遅さになることはあり得ませんのでご安心ください。

ですが、できる限り高速で安定しているプロバイダを選びたいのは山々ですよね。

ポイント3 セキュリティオプションの充実度

最後に見極めるポイントとしてはセキュリティのオプションが充実しているかどうかですね。

安心度の高いインターネット環境をそろえるためには、セキュリティが必須になってきます。ハッキングやウイルス対策をしていないと、クレカや個人情報などが漏れてしまうこともあります。

プロバイダそれぞれのセキュリティサービスがどれくらい充実しているのかを確認してから使うようにしましょう。

業界最高峰のお得さを誇るプロバイダ

以下からはプロバイダ各社を具体的にいろいろな切り口で検証していきたいと思います。

auひかりの具体的な項目を一覧表にしているので是非一度ご覧ください。

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額:61,000円 受取時期:11ヶ月後 平均速度:516.02Mbps

★ソネット

キャッシュバック額:55,000円 受取時期:翌月 平均速度:395.14Mbps

★BIGLOBE

キャッシュバック額:50,000円 受取時期:11ヶ月後 平均速度:385.45Mbps

★au one net

キャッシュバック額:10,000円 受取時期:4ヶ月後 平均速度:395.14Mbps

★@nifty

キャッシュバック額:30,000円 受取時期:23ヶ月後 平均速度:358.74Mbps

★DTI

キャッシュバック額:38,000円 受取時期:14ヶ月 平均速度:485.29Mbps

あらゆる切り口から見てみると一番お得なプロバイダは圧倒的に「GMOとくとくBB」ですね。

GMOとくとくBBが一番確実に最高額のキャッシュバックを受け取れる!

GMOとくとくBBという業者は、20年以上の運営歴を誇るGMOインターネットが運営しているプロバイダです。

GMOとくとくBBの一番の利点はやはりそのキャッシュバック総額だと思います。ですが、キャッシュバックの受け取り手順に注意点があります。

キャッシュバック案内メールが11ヶ月後と23ヶ月後に送られてきますが、そのメールに1ヶ月いないに返信しないとキャッシュバックを受け取ることができません。

キャッシュバックをたくさん受け取りたいという人には特におすすめのプロバイダが、GMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは回線速度や安定性なども一番優れているといっても過言ではありません。

GMOとくとくBBの回線速度は下りで平均500Mpbsくらいあるので、キャッシュバック金抱くだけではなくて、回線速度や安定性なども重視している人には、ダントツでGMOとくとくBBがおすすめです!

マイナーなプロバイダはおすすめじゃない

GMOとくとくBB以外のauひかりのプロバイダはあまりおすすめできませんが、具体的に検証していきましょう。

au one net

こちらのプロバイダはauという名前の通りKDDIが運営しています。

auひかりとauoneは、どちらもKDDIが運営しています。

KDDIがどちらも運営しているので、キャッシュバックなどが高そうにも思えますが、全くそんなことはなく1万円しかありません。

auoneからのキャッシュバックが少ない理由としては、競合他社のプロバイダにauひかりのサービス拡大を目指してもらいたいからなんです。

auoneからのキャンペーンを減らすことにより、競合他社のプロバイダはauひかりを営業しやすくなります。

BIGLOBE

BIGLOBEはもともとメーカー系のプロバイダでしたが、今現在は独立したプロバイダ経営となっています。

BIGLOBEのキャッシュバックですが、最高額で5万円となっています。

とはいっても、BIGLOBEにはキャッシュバック以外のキャンペーンが不十分です。

キャッシュバック金額が6万円以上もあって、そのほかのキャンペーンなども充実しているGMOとくとくBBの方が断然おすすめです。

DTI

このプロバイダは東京電力の孫会社、ドリームトレインが運営しています。

リモートでサポートしてもらえるというメリットがあります。

DTIのキャッシュバックは約4万円くらいありますが、実際に振り込まれるまでの時間が1年以上もあるので、おすすめできるものではありませんね。

auひかりを契約する手順

ここまではプロバイダのいろいろなメリットやデメリットを比較してきましたが、ここからは申し込み方法について解説していきたいと思います。

何年も使い続ける光回線を契約するのですから、できるかぎり回線速度が早くて、特典も豊富なところを選びましょう。一番はやはり「GMOとくとくBB」ですね。

GMOとくとくBBのauひかりを申し込むときの手順を解説していきたいとおもいます。

手順1 サイトから申し込み

GMOとくとくBBのキャンペーンサイトを開きます。

ページ右上にあるエリア検索ボタンをクリックして手続き画面を開きます。

手順2 個人情報を入力する

手続きページを開くと、個人情報を入力する画面に移動します。

手順3 工事の日程を決める

名前や住所などの個人情報を入力したら尊信します。

申し込みが完了すると1週間くらいでauひかり側から工事日程の電話が折り返しかかってきます。

auひかりの工事日程のスケジュールを合わせましょう。

手順4 光回線が開通

光回線の自宅への引き込み工事が完了すると、光回線でのインターネット接続ができるようになります。

プロバイダの疑問点など

auひかりのプロバイダと回線に関する質問をまとめています。

質問1 プロバイダだけを変えたい

残念ながらauひかりはプロバイダだけを変更することができません。

そもそもauひかりというのは回線とプロバイダがセットになっているので、プロバイダを変更したいときは光回線自体も解約する必要があるのです。

プロバイダを変更したい人は、auひかりの回線を解約し直しましょう。

質問2 auひかりを解約するときの費用

auひかりの解約金ですが、以下のようになっています。

auひかりのプラン内容によっても解約金が変わってくるのですが、一軒家タイプの場合は1万円くらい、賃貸タイプの場合は6000円くらいとなっています。

上記の解約金はプロバイダがどこであっても一律の解約金となっています。

質問3 自分の使っているプロバイダを確認する方法

auひかりのプロバイダはマイページから確認できます。

マイページに登録していないときは、クレカなどの引き落とし明細にプロバイダ名が記載されていることが多いです。

auひかりで最もお得な申し込み方法とは?

auひかりのキャンペーンはどういう特典があるのか?、どこの窓口が一番得するのか?などなど気になっている人は多いのではないでしょうか。

auひかりの各社プロバイダがやっているキャンペーンを比較してみたところ、GMOとくとくBBが最強クラスにお得であることがわかりました!

auひかりのプロバイダではダントツで「GMOとくとくBB」!

あらゆる視点から切り取ってみると、GMOとくとくBBが一番お得で、唯一無二のサービスを提供しているといえるでしょう。

GMOとくとくBBならauひかりのキャンペーンに加えて、次のような特典を実施しています。

1,61000円のキャッシュバックが現金でもらえる!

2,毎月約500円のひかり電話が3年間も無料

3,高額なWi-Fiルーターがもらえる!

auひかりのプロバイダや代理店を比較検証!

auひかりのキャンペーンをやっているプロバイダを比較してみたところ、次の通りGMOとくとくBBが一番高額なキャッシュバックをしています!

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額 戸建:61,000円 マンション:51,000円 受取時期:11ヶ月後

必要なオプション:光電話のみ(最大36カ月無料)

★NEXT

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

★NNコミュニケーションズ

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

この表から、auひかりを契約するのであれば、申込窓口は「GMOとくとくBB」が一番おすすめだと断言できます。

実際にauひかりを契約するときに受け取ることができるものには、次のようなものがあります。

手に入れることができる特典としては、プロバイダによる特典と、公式サイトがやっている特典の二つがあります。

そもそも代理店やプロバイダというものは、auひかりの光回線とエンドユーザーをつなげる仲介的な役割を果たしています。

プロバイダから契約したときでも、auの公式特典をもらうことができるので、ダブルで特典を手に入れることができます。

次からは代理店やプロバイダの独自特典や公式特典の違いなどをチェックしていきましょう!

公式サイトがやっている特典について

auひかりは、auを運営しているKDDIがやっている光回線業者です。

auユーザーであれば、どこの光回線よりも割引をきかせることができるでしょう。

auひかりの詳細は以下のようになっています。

通信速度 最大1Gbps 関東は10gbpsのエリアもあり

提供エリア 全国 静岡愛知岐阜三重大阪京都などは対象外

月額料金 戸建て:5,610円 マンション:4,180円

電話オプション 550円/月

スマホセット割 スマートバリュー 1回線1,100円割引×家族の人数

事務手数料 3,300円

工事費用 実質0円

契約期間 3年と2年の2種類

解約金 3年契約の場合は16,500円 2年契約の場合は10,450円

キャンペーン 実質工事費無料

auひかりが公式キャンペーンとしてやっているものにはいくつかあって、なおかつすべてのキャンペーンを同時に適用することができます。具体的に一つ一つ解説していきたいと思います。

公式キャンペーン1 他社からの乗り換えを負担

auひかりでは乗り換えキャンペーンとして、競合他社からauひかりに乗り換えるときに、解約金などをauひかりが代わりに払ってくれるサービスをやっています。

競合他社からの解約金を負担してもらうためには、auひかりから送付されてきた、乗り換えスタートサポートの申請書を返送する必要があります。

違約金申請書を送付すると、30日くらいでauPAYへ送金してもらえます。現金では送金してもらえませんので注意しましょう。

auPAYというサービスはauPAY加盟店のお店で買い物やショッピングなどができるスマホ決済です。

スマホを持っていないときはプリペイドカードに金額をチャージしてもらえます。

このキャンペーンを適用してもらうには次のような条件があります。

他社の固定ネット環境、モバイルルーターからの乗り換えはキャンペーン対象外です。

ずっとギガ得プランとひかり電話に入って、3年以上使うこと。

他社の違約金を負担してもらうためには、ひかり電話とずっとギガ得プランに入らなければなりません。

公式キャンペーン2 工事費が無料になる!

初期費用というのは工事費用がほとんどですが、auひかりではネット回線とひかり電話をセットで申し込むことにより工事費用を無料にすることができます。

auひかりの工事費用はマンションが3万3千円、一軒家が4万円かかりますが、このキャンペーンを使うと、これらの費用が無料になるということです。

工事費用が分割になり毎月の月額から請求されますが、それが0円になるということです。

auひかりの回線を途中で解約した場合は、残債を自己負担で支払う必要がありますが、このキャンペーンを実施することにより初期にかかる費用が分割された状態で光回線を使えます。

光回線なんてそんなに入れ替えるわけじゃないと思うので、契約期間満了まで使うと思います。満了まで使えば完全に工事費が0円になります。

公式キャンペーン3 auスマホがあると割引!

auひかりはauの携帯を持っている人が、ひかり電話を同時に申し込むことにより、auの携帯1つあたり500円から1000円くらいが割引になるキャンペーンがあります。

平均というのは契約しているプランによって違いがあるからです。家族全員分を安くできるので、auの利用者にとってはとても喜ばしいキャンペーンでしょう。

これらのように、auひかりは光回線業者の中でも特にすばらしいキャンペーンを実施しているのでauの利用者は圧倒的におすすめです。

公式キャンペーン4 高速プランが割り引き

auひかりでは、ずっとギガ得プランに申し込むことにより、5ギガや10ギガなどの高速プランが550円割引されます。

上記のキャンペーンを適用するためには、auひかりのホーム10ギガか5ギガに申し込む必要があります。

とはいうものの、このホーム10ギガと5ギガのプランは関東4都県のみしか提供されていないので、適用条件に当てはまる人は限られているというのが現状です。

プロバイダの独自特典の詳細

auひかりのプロバイダや代理店では公式サイトとはまた別にダブルでキャンペーンをやっているので、それだけ得することができるのです。

代理店やプロバイダがやっている独自の特典は各社によって大幅に違いがあるので、選び方を間違えるとかなり損したりしてしまいますので注意しましょう!

独自特典には、高額キャッシュバックやルーター端末無料プレゼントなどがあるので、一つ一つ見ていきましょう!

独自キャンペーン1 かなりのキャッシュバックがある!

プロバイダなどがやっている多彩なキャンペーンの中で、特に気を引くのが高額の現金バックではないでしょうか。

auひかりを契約できるプロバイダのほとんどは、auひかりの公式サイトがやっているよりもダントツで大きい金額のキャッシュバックをやっています。

一例を挙げると、GMOとくとくBBは戸建ての場合は約6万円、マンションだったら約5万円もの高額のキャッシュバックを実施しています。

独自キャンペーン2 Wi-Fi端末がもらえる!

自分の家でインターネットを楽しむために必要なのがWi-Fiルーターの端末になります。

Wi-Fiルーターを無料で提供、もしくはレンタルをしてくれるプロバイダがあります。

「GMOとくとくBB」の場合だったら、何種類もある高機能な高級ルーターの1台を無料でもらえます。

端末自体をレンタルではなくて無料でもらえるのですから、これほど便利なことはないですよね。

粗悪な申し込み窓口を避ける方法とは

プロバイダの中には、とんでもない高額のキャッシュバックをやっているところがあって、そういうところから契約したらすごい儲かるんじゃないかと思ってしまいますよね。

とはいっても、こういうおいしい話には常に裏があって、そういうところも全体的に見通す必要がありますね。

悪質な代理店によくあるパターンを解説してきたいと思います。

注意点1 大量のオプションが必要

高めのキャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダや代理店を見てみると、オプションが絶対必要だったりします。

高額キャッシュバックがいくらあったとしても、無意味なオプションで余計な月額料金を払っていたら、時間がたてばたつほどキャッシュバックからすり減っていくという形になってしまいます。

オプションの中には毎月数千円以上かかるオプションがあったりして、キャッシュバック金額をあっという間に上回ってしまってそこからは損失になってしまうなんてこともあります。

家電量販店の高額キャンペーンにはこういったパターンが頻繁に見られるので、そもそも家電量販店で契約するのはやめておきましょう。

ちなみに、ひかり電話への加入はスマートバリューを適用してもらうために必要なので、ひかり電話の加入だけがオプションになっていれば一石二鳥ですね。

注意点2 受け取りまで1年以上かかる

プロバイダや代理店などによっては、キャッシュバックのもらい忘れなどを狙っているようなところもあるので注意しましょう。

キャッシュバックの申請忘れを狙っているプロバイダというのは、申請するのが契約をしてから1年後で、さらにそこから受け取るために半年かかるみたいな場合です。

光回線を契約したら確実に振り込まれるわけではなくて、時間差で遅れて申請手続きをしなければならないので、それまで覚えておかなくてはなりません。

こういったパターンの顧客の申請忘れを狙っているかのようなキャンペーンには十分お気をつけください。

注意点3 実現できないであろう条件がある

現実味が薄いキャンペーンをつけているプロバイダや代理店には要注意です。

一例としては、自分が回線契約をした後に、誰かしらを契約までこぎつかせなければキャンペーンを受け取れないというようなパターンです。

光回線や固定回線なんて、そうそう入れ替えるものでもないので、新しく光回線を契約したいと思っている知り合いなんて見つけるのは難しいですよね。

こういうパターンの実現不可能に近い条件があるキャンペーンに申し込んだときは、結局キャッシュバックを1円たりとも受け取れなかったということになりかねません。

上記のようなことから、現実味があるキャンペーンを選ぶようにしましょう。

注意点4 基本料金が割高になっている

金額が高いキャッシュバックを受け取れる代わりに、毎月の割引額が減ったり、月額料金がかさんでしまうものに要注意です。

たとえばですが、工事費の初期費用割引がない代わりに、キャッシュバック金額がたくさん受け取れるというものです。

auひかりではもちろん工事費用が完全に無料ですが、代理店やプロバイダによっては工事費を払わない代わりにキャッシュバックとして払うような、見せかけのお得さを醸し出しているところもありますね。

申し込む代理店やプロバイダなどの窓口によって月額料金が変動するので、工事費やキャッシュバックや月額料金などすべてを踏まえた上で窓口を検討しましょう。

一番特なのはやっぱり「GMOとくとくBB」!

ここからは、キャッシュバックキャンペーンに秀でているプロバイダを比較検証していきたいと思います。

結論からいうと、auひかりで一番最強クラスにお得な窓口は「GMOとくとくBB」となります。

もっとも得するauひかりの窓口を比較するためには以下のようなポイントがあります。

オプションなしでキャッシュバックがもらえる、キャッシュバックの総額が大きい、確実に短期間で振り込んでもらえる。

ちなみに、下記の一覧以外にもプロバイダなどはたくさんありますが、キャッシュバック総額が3万円以上もらえるところのみを厳選しています。

また、auひかりでスマホセット割りを適用するためには、光電話に加入しなければいけないので、そういった点もすべて考慮した上での比較表となっております。

なお、格安スマホを使っている人は、auひかりのスマホセット割引を受けられませんが、光電話を契約した方が全体的にお得になるのでおすすめです。

★GMOとくとくBB

キャッシュバック額 戸建:61,000円 マンション:51,000円 受取時期:11ヶ月後

必要なオプション:光電話のみ(最大36カ月無料)

★NEXT

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

★NNコミュニケーションズ

キャッシュバック額 52,000円 受取時期:2カ月後

必要なオプション:光電話のみ

GMOとくとくBBなら、キャッシュバックがたくさんもらえることは去ることながらも、毎月550円の光電話が戸建てなら3年、マンションなら2年も無料になるので、めちゃくちゃお得です!

さらに、auのスマホを持っているのであれば、もっとお得になります!

GMOとくとくBBのキャッシュバック詳細

GMOとくとくBBは東証一部のGMOインターネットが経営しているプロバイダで、auひかりの数あるプロバイダの中でも圧倒的なお得さを誇っています。

GMOとくとくBBは最大キャッシュバック額約6万円が受け取ることができて、約1万円相当のWi-Fi端末も無料でもらえます!

auのユーザーが使える、スマホセット割り「スマートバリュー」に必要なオプションである、光電話を無料で付け加えてくれるので、かなりお得といえるでしょう。

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンの具体的な内容としては次のようになっております。

1,GMOとくとくBBの契約時に、GMOとくとくBBのメルアドを作成します。

2,回線が開通してから11ヶ月目と23ヶ月目に上記で作った専用アドレスに案内のメールが送られてきます。

3,必要なものを入力してから、メールを返信して翌月には振り込まれます。

auひかりのキャンペーンの疑問点

auひかりのキャンペーンについての疑問や質問などについて解説しています。

1,オプションサービスにもキャンペーンなどはあるか

auひかりのテレビに新しく登場したジャンルパックやオールジャンルパックなどでは、新規に加入すると2ヶ月間無料で閲覧できるキャンペーンがあります。

好きなチャンネルをパッケージにした、ジャンルパックというのは、アニメやスポーツなど数種類があります。

自分が好みの動画コンテンツだけを詰め込むことができて、1628円で毎月使えるようになっています。

また他にも、すべてのチャンネルを見ることができる、オールジャンルパックと呼ばれるプランは毎月2700円くらいです。

2,10ギガプランや5ギガプランなどの対象エリアとは

10ギガや5ギガなどの高速プランは、関東だけの戸建てのみが適用条件となっています。

auひかりは他の光回線とは違って独自の回線網を使っているので、すべてのプランで安定的なネットが接続できると思います。

auひかりのプロバイダは自分で納得してから申し込もう!

ここまでに、auひかりのメリットやマイナス面やキャッシュバックやおすすめのプロバイダなどについて解説してきました。

auひかりのキャンペーンには、公式サイトでやっているものと、プロバイダや代理店が独自でやっているものの2つがあります。

他にも、公式キャンペーンは独自キャンペーンと併用できるので、申し込むときはプロバイダや代理店などから申し込むことによりダブルで特典を適用してもらうことができます。

現在実施されているあらゆるキャンペーンをいろんな切り口で比較してみたところ、GMOとくとくBBが一番お得です。

GMOとくとくBBなら次のようなキャンペーンを受け取ることができます。

1,最大で約6万円のキャッシュバック!

2,ひかり電話が3年間も無料になる!

3,高性能のWi-Fiルーター端末が無料でもらえる!

一度にこれだけ大量のキャンペーンが適用してもらえるプロバイダは他にないくらいお得です。

一番すごいのは高額なキャッシュバックと、安定した通信回線がメリットといえるでしょう。

また他にも、公式のキャンペーンとして、以下のようなものも受け取ることができます。

1,他社からauひかりに乗り換えると解約金がもらえる

2,光回線の引き込み工事費用が無料

3,スマートバリューでかなり割引!

上記のように、au公式の特典とプロバイダの独自特典を併用することによりかなりお得になります。